婚活は、やはり友達に紹介してもらうのが一番です。なぜなら素性が知れているからです。

 

できれば小学校からの知り合いがオススメです。大学の知り合いだと小さな嘘をつかれても気付きにくいものです。
小学校の時のクラスメイトなんてそんなに仲が良くなくても、あの子は中華屋さんの息子だから太っているとか、あの子はグレているけど父親は警察官など親の職業やどんな家に住んでいてどんな習い事をしていてなど、お家のグレードまでわかります。

 

子供の頃の資質は、人間の本質だと思います。小さな頃から優しかった人は、大人になって変わってしまっても根は優しく、その逆もあり必死に取り繕っても自分本意な人はボロが出ます。

 

しかし、友達に良い人紹介してよと言っても友達の良い人に手を出してはいけません。うまくいってもいかなくても気まずくなる可能性があります。

 

友達の良い人にさらに良い人を紹介してもらい、その良い人に良い人を紹介してもらってこの辺りからはじめて婚活が始まります。

 

自分の大切な友達からは少し遠ざかるので失敗も気になりません。これが出来る人は、コミュニケーション能力が高い人なので成功する確率は高いです。

 

顔で選ぶのではなく、幼少期のエピソードで決めて下さい。みんなインフルエンザになったのに一人だけならなかった。読書感想文で優秀賞を取ったなど。思わぬところに結婚の決め手が隠されています。興信所ではないので、ナチュラルに聞き出すのが大切です。